Pocket

お世話になっている皆様にお送りした「2019年7月~9月近況報告メール」を記しておきます。

=============

いつもお世話になっております。
ラーンフォレスト林です。
皆さまはいかがお過ごしでしょうか。
おかげさまで私は元気です。
=============
【ラーンフォレストとして】
・5月から始まったプロジェクトが無事に終了いたしました。
(塾長関根さんのブログ。いつもありがとうございます!)
比企起業塾塾生と吉野家ホールディングス研修生のタッグチームが5組、それぞれの成果を発表してくれました。11月には研修生の報告会に比企起業塾一同お伺いするつもりです。とても楽しみにしています。
・オシエルズの野村さんと、ジュニアアスリートへの「非言語コミュニケーション研修」を実施しました。
先月に引き続き、野村さんのお力をお借りしました。ジュニアの心をわしづかみの野村さんでした。今回の研修が、彼らのアスリート人生の一助になってくれることを願っています。
・NCBリサーチ&コンサルティング 部下・後輩育成のための『上手な仕事の教え方』セミナーを実施しました。
今回で3回目のお手伝い。関根さんとご一緒に福岡にて。たくさんの熱気に包まれました。来年も継続のご依頼をいただいており、嬉しい限りです。
・某会社さまのインタビュー。現場の生の声を聴かせていただけるのはとてもありがたいことです。その上で、研修に還元できるようにしっかりと学ばせていただいております。
=============
【読書】
=============
【ときがわカンパニーとして】
9月14日、15日と説明会を実施。今期もサブ講師として塾長の関根さん、サブ講師の栗原さんと共に塾生のサポートをさせていただきます。
民間として微々たるつながりではありますが、「板橋区とときがわ町を姉妹都市に!」活動を継続していきたいものです。
一冊の本が読む人によってこんなに刺さる箇所が違うんだ、と毎回気づきがあります。また、読書会議とグラレコがコラボすることにより、議論がさらに活発になるようです。
鳩山町にある「鳩山ハウス」にて、比企起業塾2期生の菅沼さん、トヨさんのご厚意のもと関根さんと共に参加させていただきました。若者との接点を持ち続けることは、学びにとって非常に有意義なことだと思っています。頭を固まらせないように。こういう機会はできるだけ持ちたいですね。
=============
【林博之個人として】
・プールから帰った後、激しい鼻詰まりにあい、「塩素アレルギーではないか!?」と戦々恐々でした。1か月お休みした後、「鼻栓(笑)」を付けてリスタート。事なきを得ました。続けられそうでほっとしています。やっぱり泳ぐのは楽しいです。
・中3の長女は受験勉強にいそしんでいます。自分の子供の頃よりを思い返してみても、よっぽど勉強していると思います。親バカですが、納得のいくまで頑張ってほしいものです。
・小5の次女は書道を姉と共に続けています。二人ともビックリするくらい上達しています。
・妻は小学校のPTAの周年事業にそろそろめどが立ったようですが、長女との学校見学などで忙しくしています。妻と娘たちが仲がいいのを「うんうん」と(父親の寂しさも味わいながら(苦笑))眺めています。いつもありがとう!
(特になければ、ご返信は不要です。)