Pocket

共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る

ゆうこす

 

第1章 #SNSの自分づくり

・みんなが読める(名前・ハンドルネーム)。

○起業初期の人がやりがちなのがここかもしれません。英語でブログのタイトルを付けたり、気取った言い回しだったり。検索で見つけてもらえないと意味が薄れます。

・失敗を前向きに発信する。やり方次第で逆にポジティブな注目を得られる。

○さらけ出す勇気、でしょうか。

・自分のターゲットをインスタなどで検索し深堀する。

 

第2章 #知名度0からフォロワーを増やす

・まずは自分の思う通りの方法で続けてみて、ライバルが多くて勝てそうになければ戦場・投稿の仕方、ターゲット層を変えてみる。

 

第3章 #フォロワーをファンに

・完璧な姿だけを見せるのではなく、チャレンジも失敗も全部見せ、自分の「ストーリー」にしてしまう。

○まさに共感。

 

第4章 #ソーシャルパワーを仕事にする

・「ーお仕事を依頼して下さる企業の皆さまへー 私は、インフルエンサーをもっと商品の”オタク” にして欲しいと思っています」。

○ゆうこすさんの基本姿勢がここに表れていると思います。しっかりとお客さんと向き合うこと。

・ニッチを極めた人が持っている情報や経験は珍しがられるので、他の人では代わりのきかない存在になれる。

・トップの本当にすごい方々は「お金」ではなく、面白いか面白くないか、これが全てなのだと思わされた。

 

第5章 #SNSでブランドをつくる

・何事も最初に発信した人が勝つ!と信じている。(中略)たとえクオリティが低くても、一番先に情報を出せれば、それだけで目立てるし、圧倒的なチャンスがある。

○まず行動。

 

応援クリック、励みになります!

にほんブログ村