OJTメンター研修や非言語メッセージの受発信を意識したフィーリング・コミュニケーション研修や、仕事の教え方研修を行っています。

OJTメンター・指導員研修/フィーリング・コミュニケーション研修

  • HOME »
  • OJTメンター・指導員研修/フィーリング・コミュニケーション研修

OJTメンター・指導員研修/フィーリング・コミュニケーション研修

 OJTメンター・指導員研修

 

新入社員の育成に熱心な企業では、新人教育のために先輩社員を教育係として任命しています。

「OJT指導員」「メンター」「トレーナー」など教育係の呼び方はさまざまですが、会社が期待しているのは、新人が職場に<適応>するにあたり、学校から会社への橋渡し役として、新人に会社に早く慣れてもらうサポートをしてほしいということです。

また、新人からすると「お兄さん・お姉さん」的な存在がいてくれることで精神的な支えにもなります。

OJT指導員・メンターに任命された方は、自分の経験の棚卸や自身の成長にもつながり、「プレマネジャー経験」として有用です。

ただ、OJT指導員・メンターは、いくつかの苦労を味わうことになります。

その苦労とは大まかには3つ、「業務との両立」「教え方・任せ方」「理解度の把握」の3点です。

色々な企業にてヒアリングをさせていただく中で共通しているのは、「仕事に追われて教える時間が中々取れないし、ましてや上手な仕事の教え方なんて今まで教わってきていないよ!」というOJT指導員・メンターの悲鳴が聞こえてくることです。

どのように仕事を教えたら、新入社員に響くのか。

あたりまえですが、新入社員といえどもは子供ではありません。

そして大人である新人に子供に対するような教え方をしても、そう簡単には納得してくれません。

ですが、彼ら・彼女らが腹落ちするような納得のいく教え方をすることにより、新人は少しづつ成長してくれます。

とは言え、メンターや教育係に任命されただけでは、どのように新人に教えたらいいのかわかりませんから、企業としては、OJT指導員・メンターの育成に力を入れることの重要性を認識することが必要になってきています。

OJT指導員・メンターを育成することで、会社内に「教え合う文化」が醸成され、ひいては従業員の定着にも寄与すると言われています。

 

 

OJTにおける3つの学術知見

ラーンフォレストでは、OJTメンター・指導員研修において、3つの学術知見を取り入れています。

 

経営学における「組織社会化論」

~新人が能動性を発揮できるのは、周囲からの働きかけがある職場である~

 

教育学における「正統的周辺参加論」

~新人は一人で学ぶわけではなく、「いざなってくれる」OJTメンターや教育担当者の働きかけ、そして上長及び職場全体での働きかけが重要~

 

「研修転移研究」

~新人が研修で学んだことを職場で実践するためには、職場の直属長の関与が重要~

 

上記3つの知見を「OJTメンター・指導員研修」に活かしています。

OJTメンター・指導員研修では、OJT指導における学術的知見を「俳優経験」を武器にわかりやすい表現に落とし込み、OJTメンターや指導員、教育担当者の方々に、新人や部下育成に寄与する「上手な仕事の教え方」をわかりやすくお伝えしています。

 

 

web%e7%94%a8%e6%9e%97-%e5%8d%9a%e4%b9%8b%e3%81%95%e3%82%933

非言語を意識した「 フィーリング・コミュニケーション研修」

私、ラーンフォレスト林博之は10数年の俳優経験があります。

俳優経験から培ったことの一つに、言葉ではない、

【非言語メッセージ】

を読み取る力があります。

対人コミュニケーションでは、相手に与える影響の9割以上は、

【非言語メッセ―ジ】

であるとも言われています。

この非言語メッセージの受発信を意識しながら用いるコミュニケーションは

【非言語コミュニケーション】

と呼ばれています。

非言語コミュニケーションとは?

非言語メッセージの受発信を意識することで、相手が中々言えない、

「伝えたいことがあるんだけど・・・」

というサインを受け止めることができるようになります。

もし新人や部下・後輩の非言語メッセージを受け取れないとどうなるか。

忙しさにかまけて話す機会も作れないまま、やっと会話する時間が取れたと思ったら、

「辞めます」

の一言・・・。

そんなのって、悲しいですよね。

そんな状態になる前に、部下・後輩の声なき声=非言語メッセージを受信することが大事ではないでしょうか。

また、人は無意識のうちにも非言語メッセージを発信しています。

意識もしていないままでは、負の非言語メッセージも「ダダ漏れ」です。

知らない間に、自分の非言語メッセージが周囲の人に悪い影響を与えてしまう危険性もあるのです。

ですから、非言語メッセージの受発信を意識することは、円滑な人間関係を維持するためにはとても重要です。

非言語コミュニケーションは、五感のうち、主に視覚と聴覚を駆使してコミュニケーションを図ります。

言い換えると、言葉よりも感覚を通じて相手の気持ちを読み、こちらの気持ちを伝えます。

つまり、直観が大事だという事です。

「言語ではないコミュニケーション」を読むためには、フィーリングが重要だという事です。

「Don’t Think! FeeL.(考えるな!感じろ)」という有名な映画のセリフをお借りして、私は非言語コミュニケーションのことを、

フィーリング・コミュニケーション

と呼ぶことを提唱しています。

 

インプロを用いた「フィーリング・コミュニケーション研修」

ラーンフォレスト合同会社では、「演劇的手法・インプロ(即興劇)」のワークを通じて、非言語メッセージを上手に受発信する方法を研修にてお伝えしています。

インプロとは、英語のインプロヴィゼーション(Improvisation:即興)ということばを省略したものです。

演劇、ダンス、音楽、美術など芸術分野における表現方法の一つです。

近年「即興劇」は、人材教育の手法として注目されています。

シナリオのない日常と同様に、新しい出来事や相手の様々な言動を肯定的に受け入れ、瞬時に反応し、的確に判断するというコミュニケーションにおける学びに満ちたものです。

=====

「インプロは、心理的に安全な雰囲気のもとで、組織社会化されてしまった個人に、日常を「異化」する機会を提供することである。

(中略)こうしたプロセスを通して、「自分たちが、今、置かれている状況」を深く「内省」することが目指されています。(中原淳2012「インプロする組織」)

インプロは機知とも饒舌とも喜劇の才能とも関係がありません。

優れたインプロバイザーというのは、(中略)人の役に立つことをしたい、お返しをしたいという気持ちに心を動かされる人、その衝動に従って行動する人のことです。(パトリシア・R・マドソン2011「スタンフォードインプロバイザー」)

=====

俳優が研修を行う上でもう一つのメリットがあります。

それは、社会人の皆さんは「俳優の世界は全く知らない世界」だということです。

実際に研修で「俳優から見た事例」をお伝えすると、参加者の皆さんには新鮮に受け止めていただけます。

非言語メッセージの受発信を意識した、フィーリング・コミュニケーション研修では、「演劇的手法・インプロ(即興劇)」を通じたワークを楽しみながら、非言語メッセージを受発信することの重要性を学んでいただけます。

=====

合わせて、自己の内面を省みるワークとして「SPトランプ」を使用したペアワークもご好評をいただいております。

SPトランプを使用した研修を行うことにより、「自己理解」「他者理解」、つまり「自分のことを知り、相手のことも知る」ことで、コミュニケーションを円滑に行うことができるようになります。

SPトランプを使用し、「4つのタイプ」分析を行うことで、自分にはどのような傾向があるのか?、また相手のタイプを知ることにより、相手がどのように接してほしいのかを知ることができます。

これも、非言語メッセージの受発信を意識したフィーリング・コミュニケーションを理解する上で、重要な要素になります。

=====

新人をはじめ部下・後輩が成長してくれれば、自分の仕事を任せられるようになり、さらに大事な仕事に取り組むことができるようになります。

ラーンフォレスト合同会社では、【OJTメンター・指導員研修】及び非言語メッセージの受発信を意識した【フィーリング・コミュニケーション研修】を通じて、OJTメンター・指導員育成を支援し、職場の風通しを良くしながら、職場一丸となって会社のミッションに向かって行ける、「皆で教える職場風土」を作るお手伝いをしていきたいと願っています。

 

ラーンフォレストの仕事の進め方について

まずはヒアリングをさせて下さい。

ホームページやブログ等で興味を持っていただけましたら、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合せフォーム

その後、メールや電話でやり取りをさせたいただき、「会って話を聞いてみようかな」と思っていただけましたら、貴社にお伺いして「貴社の状況」や「お考えの研修」についてのヒアリングをさせていただきます。

(※zoom等、リモートでのミーティングも承ります。)

その上で研修のたたき台とお見積もりを提示させていただき、導入の是非をご判断いただきます。

導入決定のご判断をいただけましたら、更なるヒアリングの上、事前調査に入らせていただきます。

ご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合せフォーム

メール:h.hayashi@learn-forest.com

電話:03-6326-2295 

 

HOMEに戻る

PAGETOP
Copyright © ラーンフォレスト合同会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.