Pocket

10秒で新人を伸ばす質問術

島村公俊

 

第1章 最速で「仕事の基本」を教える10の鉄則

・教える(ティーチング)と引き出す(コーチング)を併用することは可能で効果的。まず少しレクチャーしてから(中略)「なんだと思う?」と。

 

第2章 早く自分で育つように新人を「体質改善」する

・「アドバイスしたくなる新人」「関わりたくなる新人」になっていけば、結果として育成スピードが上がっていく、ということを新人に伝える。

・新人に考える時間を積み重ねることが一人前への近道。まとまった育成の時間を取れないからこそ、小さな時間を積み重ねる必要がある。

○回数を重ねることは「ザイオンス効果」にもつながるかもしれません。

 

第3章 10秒で新人を伸ばす質問術

・10秒で伸ばす時短質問を繰り返すことで、新人は自らの力で考えるようになり、成長が早まる。

・沈黙は「質問を投げかけ、その場で待つ大切な時間」であるが、時短育成という観点では、その場で沈黙を待つ必要はない。(中略)良質な質問であれば相手は考え続けることになる。

 

第4章 成長を加速させる「叱り方&ほめ方」のコツ

・モチベーションをあげるために、本人が少しでもやってみたいと思う仕事をやらせてみる。

○任せるのも度量ですね。

 

第5章 忙しくても続けられるコミュニケーションの秘訣

・新人からすると、「どう思う?」と意見を求められるのは「自分の意見を聴いてもらえるんだ」と思えて嬉しいこと。

 

第6章 トラブルはスピード減の元!「困ったとき」の解決法

・長い会社生活の中では「成果を出すためなら、苦手な人とも共に働いていかねばならない」ということを学ばせ、覚悟を持たせなければならない。

○その手助けになるのが「タイプ論」かもしれません。

ラーンフォレスト合同会社【SPトランプ①】OJT指導員研修・非言語コミュニケーション研修

 

おわりに

・どんな言葉でも、10秒の短い時間でも、毎日、新人は指導者であるあなたからの声掛けを待っている。

○本当にそうですね。「あなたを見ているよ」と承認してあげてほしいです。

応援クリック、励みになります!

にほんブログ村