非言語コミュニケーション本
人は皮膚から癒される

人は皮膚から癒される 山口創   第1章 コミュニケーションする皮膚 ・サイモン・シュナルらは、実験参加者を傾斜のある坂のふもとに連れていき、坂の角度について推測してもらった。友人と一緒に推測した人は一人で推測 […]

続きを読む
非言語コミュニケーション本
有能な教師のためのボディランゲージ【Body Language for Competent Teachers】

有能な教師のためのボディランゲージ シーン・ネイル/クリス・キャスウェル 第1章 イントロダクション ・教室での状況や教師の役割は、通常の社会的状況とは異なる。これは、生徒たちが期待するような教師の役割に適合しない教師に […]

続きを読む
非言語コミュニケーション本
応用インプロの挑戦

応用インプロの挑戦 テレサ・ロビンズ・デュデク & ケイトリン・マクルアー   イントロダクション ・「応用インプロ」は、演劇のインプロヴィゼーション(理論・教え・ゲーム・テクニック・エクササイズ)を、 […]

続きを読む
非言語コミュニケーション本
ミラーニューロン

ミラーニューロン ジャコモ・リゾラッティ/コラド・シリガニア   はじめに ・舞台演出家のピーター・ブルックのインタビュー抜粋。「ミラーニューロンの発見によって神経科学は、演劇界では長らく常識だったことをようや […]

続きを読む
非言語コミュニケーション本
人及び動物の表情について

人及び動物の表情について チャールズ・ダーウィン   訳者序 ・全ての先駆的学者がそうであるように彼の立てた表情の原理は完全でなく、さまざまな点で不都合が。ダーウィンは優れた生物学者であったが、心理学者ではなか […]

続きを読む
非言語コミュニケーション本
ミラーニューロンの発見

ミラーニューロンの発見 マルコ・イアコボーニ   第1章 サルの「猿真似」 ・他人のしていることや考えていることや感じていることを人間はどうしてわかるのかの仕組みは誰にも説明できなかった。(中略)人間は脳にある […]

続きを読む
非言語コミュニケーション本
かくれた次元

かくれた次元 エドワード・ホール   第1章 コミュニケーションとしての文化 ・異なる文化に属する人々は、違う言語を喋るだけではなく、違う感覚世界に住んでいる。(中略)ある文化の型の感覚的スクリーンを通して受け […]

続きを読む
非言語コミュニケーション本
言語・非言語コミュニケーションにようこそ

言語・非言語コミュニケーションにようこそ 伊藤達也・松倉信幸・市島清貴   第7章 社交的コミュニケーションの役割と機能 ・スモールトーク(small talk)。雑談や世間話。雑談力が良好な対人関係を維持する […]

続きを読む
非言語コミュニケーション本
フォーカス

フォーカス ダニエル・ゴールマン   第1章 鋭敏な能力 ・自己管理能力の基礎となるのは自己認識であり、対人関係スキルの基礎となるのは共感。 ・デジタル機器に夢中になれば、生身の人間と交流する時間が犠牲に。非言 […]

続きを読む
非言語コミュニケーション本
SQ 生き方の知能指数

SQ 生き方の知能指数 ダニエル・ゴールマン   第1章 感情のプラス・マイナス ・他人の表情。ある実験では、楽しそうな表情の写真を見ただけで被験者の口もとに笑みを作る筋肉がかすかに反応。悲しみや嫌悪や喜びなど […]

続きを読む