OJTメンター研修や非言語メッセージの受発信を意識したフィーリング・コミュニケーション研修や、仕事の教え方研修を行っています。
ブログ

ビジネス本

心脳マーケティング

心脳マーケティング ジェラルド・ザルトマン   第1章 慣れ親しんだマーケティングからの脱却 ・企業のマネジャーたちは、人類学、心理学、社会学に加え、音楽学、神経学、哲学、動物学、など、過去にビジネスから無視さ …

21 Lessons

21lessons:21世紀の人類のための21の思考 ユヴァル・ノア・ハラリ   1 幻滅 ・どんな人も集団も国家も、独自の物語や神話を持っている。(中略)三つの壮大な物語、ファシズム・共産主義・自由主義。 ・ …

志村流

志村流 志村けん ○役者の先輩に勧められました。18年前の本ですが、役者を辞めてからの今があるのを尊く感じさせてくれる本でした。厳しくもあり、優しい本です。   第1章 人生ー 一生が24時間だとしたら ・組織 …

書く力

書く力 池上彰/竹内政明   第1章 構成の秘密ー「ブリッジ」の作り方 池上さん:梅雨の事例。雨の受け取り方。言葉というのは受け取る人によってイメージが全く違う。 竹内さん:15年も新聞のコラムを書いていると、 …

ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか

ザ・プロフィット エイドリアン・スライウォツキ― ○起業を目指したころ、師匠から読みなさいと言われた本のうちの一つ。再読にワクワクしました。起業初期には、ビジネス小説は入りやすいかも、とあらためて思います。   …

観光ブランドの教科書

観光ブランドの教科書 岩崎邦彦 ○マーケティングの観点をふんだんに取り入れながらも、「情」を大事にしている著者の温かい目線が感じられる良書でした。   はじめに ・地域引力は地域資源の掛け算。地域引力=農業×工 …

コーチングの神様が教える「できる人の法則」

コーチングの神様が教える「できる人の法則」 マーシャル・ゴールドスミス 2 成功した人ほど、変化を嫌う理由 ・「自分の行動を変えるという事も含めて、人が何かをするのは、自分の価値尺度からみて自分の得になると考える時だけ」 …

両利きの組織をつくる

両利きの組織をつくる 加藤雅則、チャールズ・A・オライリー、ウリケ・シェーデ     第1章 いま必要な組織経営論 ・既存事業の先行きに希望が見えないなら、新たな事業に取り組まなければならない。 ・組織としてこ …

修養

修養 新渡戸稲造   はじめに ・「修養」とは、「修身養心」。身と心の健全な発達を図るのがその目的。   第1章 「自分」という財産を最高に生かす方法 ・元気を充分貯蓄して、無駄遣いしないようにし、必 …

サーバントであれ

サーバントであれ ロバート・K・グリーンリーフ   はじめに ・サーバントリーダーの10の特徴。サーバントリーダーを育てる上で柱となるもの。 ①傾聴②共感③癒し④気づき⑤説得⑥概念化⑦先見力⑧執事役⑨人々の成長 …

« 1 2 3 14 »
PAGETOP
Copyright © ラーンフォレスト合同会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.