Pocket

トランジションマネジメント

ウィリアム・ブリッジズ、スーザン・ブリッジズ

 

序文

・変化とトランジションは全くの別物。

 

第1章 問題は「変化」ではない

・トランジションとは心理的に変わること。変化がもたらす新しい状況について理解を深め、受け入れる時の三段階のプロセス。

・終わりや喪失を認めて受け入れることはトランジションの中で最も難しいプロセス。

・ニュートラルゾーンは個人や組織にとって創造力を高め、なりたい存在へと成長し、新しい自分に生まれ変わるチャンス。

終わり、ニュートラルゾーン、新たな始まり。

○終わりを認めること。起業家を目指す人が通る道。

 

第2章 テスト事例

・適切な質問。「どうして(それを)やらないのか?」という聞き方は反発を招く。「何が問題だと思うのか?」と尋ねれば、うまくいっていない理由がつかめる。

 

第3章 いかにして手放すか

・喪失からの立ち直りを調査した研究では、回復を最も早くするのは喪失について率直に話し合うことだという結果。

○カウンセリング。相手に寄り添う気持ち。

 

第4章 ニュートラルゾーンを通過する

・古いやり方から新しいやり方に移行することは、古いアイデンティティから新しいアイデンティティへと向かう時間のかかる旅。

 

第5章 「新たな始まり」を始める

・『人間性にとって最大の苦しみの一つは、新しい思想を受け入れる苦しみである」       ウォルター・パジョット

・始まりの際やるべきこと4つ。Purpose、Picture、Plan、Part。誰もが自分と同じ方法で「始まり」にアプローチするとは限らない。他者は”不完全な自分”ではない。

○人をマルっと一度認めてしまう事から。

 

第6章 トランジション、発展、再生

・今味わっている苦痛には理由があることを理解すれば、”面倒な変化”にも不満を募らせることはないはず。

○不満がないわけではなく、心持ち。どこかで吐き出すことも必要かもしれません。

 

第7章 絶え間ない変化に対応する

・信頼を築くための重要なポイントは「真実を語る」こと。

 

応援クリック、励みになります!

にほんブログ村