Pocket

経営者に贈る5つの質問

P.F.ドラッカー

1.われわれのミッションは何か?

2.われわれの顧客はだれか?

3.顧客にとっての価値は何か?

4.われわれにとっての成果は何か?

5.われわれの計画は何か?

なぜ自己評価が必要なのか

・いかなる組織といえども、顧客に聞かなければ、何を成果とすべきかはわからない。(中略)顧客とは満足させるべき相手である。

・顧客にとっての価値を想像してはならない。必ず顧客自身に聞かなければならない。

〇確認すること。接近戦。

質問1-われわれのミッションは何か?

・何を、なぜ行うかを表すものである。いかに行うかを表すものではない。

・要するに、我々は何をもって覚えられたいか?

〇「あなたは何ができるの?」という問いに簡潔に応えられるように。

 

質問2ーわれわれの顧客は誰か?

・「われわれの顧客は誰か?」という問いに答えることによって、顧客にとっての価値を知り、組織にとっての成果を知り、行動のための計画を立てることができるようになる。

・「最高の企業は、顧客を創造するだけでなく、ファンを創造する」。

・大事なことは、対象とする顧客を深く喜ばせることである。

・あなたの成功は顧客の満足にどれだけ貢献するかによって決まる。

〇お客様が喜んでくれる=自分の喜びと感じられる幸せ。

 

質問3-顧客にとっての価値は何か?

・ここで原則は、顧客はみな正しいとすることである。ほとんど例外なく、彼らの行動は合理的である。したがって、答えを想像してはならない。必ず、直接答えを得なければならない。

 

質問4-われわれにとっての成果は何か?

・成果の大きなところに資源を投入しなければならない。

・最初に行うべきものは廃棄である。廃棄を行うまでは何も行われない。

〇捨てなければ入ってこない。私の芯に刻んであるものの一つです。

 

質問5-われわれの計画は何か?

・ビジョンが計画に命を与えてくれるのであれば、計画にはビジョンを記しておくべきである。

・成功の追及に勝るものはない。最高の成果を得るのは成功の追及によってである。しかも最高の成果を得ているときにこそ。「さらに目標を引き上げられないか」を考えるべきである。

〇貧すれば鈍するに陥らないために。

・「顧客にとっての価値は何か。最新のスキルは何か。どのように貢献できるか」を考える。

〇お客様のために、を考えられる幸せ。

・「何をもって覚えられたいか?」を問い続けなければならない。これは、自らと自らの組織を生まれ変わらせていくための問いである。なぜならば、それは、自らをなりうるものとして見ることを強制する問いだからである。

〇強制力は「習慣」にすることでしょうか。

応援クリック、励みになります!

にほんブログ村