Pocket

ストーリー思考

神田昌典

〇ワークブック。思考が行動を促してくれます。

・そもそも、ゼロから1を生むような発想は、問題の分析だけからは生まれにくい。多くの場合は、ワインを飲みながら楽しく会話をしていたり、シャワーを浴びていたり、といったときに、何気なく空想したことから生まれるものだ。

・ジョブズは、「昔はひとつひとつがバラバラで意味が見出せない経験が、将来、振り返ってみると、全部意味があるものになる」「人生には一瞬の無駄もない」「だから、ワクワクしたことをやれ」ということ言っている。

〇コネクティング・ドッツ(点と点をつなぐ)」。これに気付くことができるかできないか。気付くまで続けられるが才能のような気がします。継続は力なり!

・激変する環境の下で、問題を根本的に解決するためには、その問題を生み出した自分自身も、環境変化に合わせて変化させていかなければならない。しかし環境変化に適応していくためには、過去の自分を破壊しなければならない。

・重要なことは、自分で思いついたことを、カタチにすることだ。

・ガンディーは―人類の歴史を変えた人物にもかかわらずー「世界を変えなさい」とはあなたに一切、要求していない。「世界の変化に あなた自身がなりなさい」、つまり、世界に変化を求めているのではなく、あなたに変化を求めているのだ。

〇変わるためには、行動すること。当たり前で、だからこそ一番難しい。でも、やれば簡単です!

応援クリック、励みになります!

にほんブログ村