Pocket

「10の利益モデル」

丸山学

利益を生み出すパターン1 フライングスタート型利益モデル

①競争を優位に進められるための資源を先に押さえてしまう

②顧客が流出するのを防ぐために、スイッチング・コストを高くしてしまう

③先行して蓄積したノウハウを活かして、さらに充実した付加価値を創出し、再びライバルより加速する

・「顧客にとって、最大の価値を提供できる唯一の存在になろう」ということです。

〇顧客本位・相手本位。

 

小さなYahoo!をめざそう型利益モデル

・世の中に明らかにニーズがあるが、事業主側にマーケティング能力が不足している業種。

・ビジネスでは、「場を提供している」立場の人が圧倒的に強く、利益を享受できるポジションを得られるのです。

 

キャッシュ・ポイントをずらせば利益が生まれる

・人は「「安心」という、一見形のないものにこそ、よけいなお金を払います。

〇安心を感じていただくための手法として、やはり接近戦が大事。ネットで接近戦を補えるのはさらに良しです。

 

顧客継続成功型利益モデル

・スイッチボードモデルというのは、わかりやすく言ってしまうと、「売り手」の集団と「買い手」の集団の中間に入って、その両者を適切につなぐ役目を担っていくモデルです。

〇「つなぐ人」は頼りにされる人。

・すべてのビジネスの成功ポイントは、「顧客を成功させる」ことにあります。

 

ブランド型利益モデル

・大企業であれば、8割の声に応えなければなりません。しかし中小企業は、500人の熱狂的なリピーターが存在すれば、それで事業は成り立つ世界です。

・商品サービスに差がない場合、消費者はどんな選択基準を採用しているのでしょうか。(中略)「企業の好き嫌い」で選ぶ傾向にあるというのです。

〇つながりの経済。顧客重視と言っている言葉が上滑りだと、すぐ露呈します。

応援クリック、励みになります!

にほんブログ村