地域でしごと  まちづくり試論 <ときがわカンパニー物語>

風間崇志/関根雅泰

 

はじめに

・ときがわ町は知る人ぞ知る「秘境」のような町。(中略)(池袋から)電車やバスを乗り継げば、約90分圏内にある町。

〇そして、一番ときがわ町に近い東京は「板橋区」!板橋区とときがわ町を姉妹都市に!と言うのが私の夢です(笑)。

 

第1章 ときがわ町と「ときがわカンパニー」

・地域のための活動を始めは趣味として捉えていたが、ボランティアとして携わることに疑問を感じるように。(中略)「本気」とは何かを考え、ときがわカンパニーを設立。

・ときがわカンパニー通信。継続の甲斐があり、読者からの反応も得られるように。

〇正に「旗」!

 

第2章 ときがわ町をつくってきた人たち

第3章 小さな町で、しごとをつくる人たち

・生産者も消費者もお互いさまに「どうぞどうぞ」と助け合う経済。

〇皆さまとのご縁は大切にしたいですね。

 

第4章 まちの未来は人がつくる

・みんなお互いさまだから、困ったら足助、何かを新しく始める際も「どうぞどうぞ」と寛容に。

・本書で取り上げた「しごとをつくる人」たちに共通なのは「外の視点」を持っていること。

〇自然に越境学習ができる場。

 

第5章 まちづくり試論

・まちづくりの成功は「人口増」ではなく「起業態度」の質的変化(起業態度低→起業態度高)。

・「ときがわカンパニーは思想」。「ときがわカンパニーって、”なんか『しそう』って感じ」。

〇(笑)

 

おわりに

〇ときがわカンパニー立ち上げの頃を思い出し、色々なものがこみ上げる中、最後の関根さんの言葉にやられました(泣笑)。

 

応援クリック、励みになります!

にほんブログ村