Pocket

安売りするな!「価値」を売れ!

藤村正宏

〇SNSが今の時代のビジネスに必至だということを改めて気づかせてくれる本です。

 

第1章 あなたの「価値」はどこにある?

・今は芸能人や有名バンドのメンバーじゃなくても、個人にファンがつく時代です。

〇自分の周りの何百人とつながれればよいということ。ファンを作るためは、発信することですね。

・オリジナリティは商品やサービスに限った話ではないということです。販促物もホームページもSNSの発信も、基本的に他と同じことをやっていてはダメなんです。

・価値を伝えるには、これを買うとこんな「体験」がありますよ、という視点が有効になります。商品のスペックをストレートに伝えてもダメなんですよ。

・その商品を買うことで、どんな素敵な生活を得ることができるのか?どんな気持ちのいい時間を過ごせるのか?どんな問題を解決してくれるのか?などなど、自分にとってどういう体験を提供してくれるのかが大事になったのです。

〇快適で明確な未来を提示すること。

 

第2章 「ゆるやかな関係性」という価値

・いいにつけ、悪いにつけ、あなたの発信でお客様の質が決まるのです。

・発信を続けていると、あなたの発信に共感する人が増え、信頼も獲得できるようになります。

・だからあなたが個を出して発信したら、それは世界で唯一の発信となるのです。

〇「私はここにいますよ!」と旗を立てること。

 

第3章 「個を出す」という価値

・あなたの商品やサービスが選ばれる理由ってなんだろう。それを今一度、見直してみましょう。そして、もしそれが見当たらなかったり、わかりにくかったりしたら、選ばれる理由をつくり出さなければならないということです。

 

第5章 「編集」という価値

・「売れる商品」はありません。「売れる売り方」があるだけなんです。

・売れる売り方とはどういうことか?それは「編集」です。「編集」というのは、様々な情報を組み合わせて発信することです。それを商品や売り方で実践してみるということ。

・あなたのお客さまになりそうな人はどこにいるのか。それを考えること。

〇顧客が誰なのかを把握し、接近すること。

 

応援クリック、励みになります!

にほんブログ村