Pocket

業務連絡に欠かせないのがメールです。

メールのやり取りが店長であるあなたと従業員との会話の半分位を占めているのではないでしょうか。

メールは、口頭で伝えるよりも連絡漏れが少なく、再確認も容易ですからビジネスには必要不可欠なツールです。
 
そんな便利なメールですが、一歩間違えると従業員の気持ちを傷つける場合があります。

面と向かって会話するのとは違い、メールは文章のやり取りのみです。

そのため、会話で重要な役割を占めている「表情」を相手に伝えることができません。
 
「業務連絡に表情は関係ないのでは?」

と思われるかもしれませんが、そうではありません。

「表情」が見えないメールのやり取りは、普通に会話するよりも冷たく感じる方が多いのではないでしょうか。

 「◯◯君、取り引き先から△△をお願いされたのでよろしくお願いします」
 
面と向かって従業員に業務をお願いするのであれば、何も問題ないセリフでしょう。

しかし、これがメールの文面だとなんとなく素っ気なく感じませんか?
 
メールの良い所は、簡潔に物事を伝えられるということ。

ですが、あなたも忙しくて中々従業員の顔を見られない中メールでのやり取りが続くと、従業員への気持ちも素っ気なくなってきてしまうかもしれません。

もともと、業務連絡に感情移入の余地はそうはありませんが、口頭で業務を伝える時は少なからず気持ちを込めて伝えているはずです。

しかし、メールではあなたの期待を込めた「表情」は従業員からは見えません。

見えない「表情」の代わりに、メールの文面に一工夫することであなたの従業員への期待を乗せましょう。
 
「大変だけど、期待しています。頑張って下さい」

などと文末に添えるだけでも印象が違いますよね。

従業員にも思いは必ず伝わります。

「照れくさい」などと思わずに積極的にあなたの思いを添えて下さい。

たまには顔文字も良いかもしれませんね(^O^)


にほんブログ村