板橋区の起業家インタビュー、第3回目は、志村で税理士・行政書士等の複数の資格を武器に「宗像勝巳事務所」を営む宗像先生です。

宗像先生とは行政書士会の役員会でお会いし、なぜか「ウマが合い(笑)」事務所が近所の事もあってよく飲みに行かせてもらっており、そのご縁でインタビューを快諾していただきました。

===

宗像先生:高校時代はラグビーをやっていて、「早稲田大学でラグビーをやりたい」という思いだったのですが、残念ながらその思いは叶いませんでした。明治大学に入学し「ラケットボール」に出会い、とことん打ち込んで全日本学生チャンピオンになりました。

ーチャンピオン!!

宗像先生:インストラクターとして全国を回っていましたが、当時の世界チャンピオンの足元には全く歯が立たず、愕然としたのを今でも鮮明に覚えています。でも、世界レベルを知れたのは良い経験でした。

宗像先生:28才の時、足を怪我してしまい、ラケットボールは引退。愕然としましたし、その年齢から普通に就職活動をしても難しいな、なんか資格を取ろうかな、という軽い感じでした。その中で、今では少し違いますが、他士業に比べて、税理士の資格は科目の合格がずっと有効だから取りやすいかな、と思ったんですね。

ーそれはそれは・・・(苦笑)。

宗像先生:確かに笑っちゃいますよね(笑)。ただ、知らないなりに、必死でやらなくては受からないとは思っていましたから、まずは1年間、勉強漬けになろうと思い、東京から離れて土浦にある親類の家に籠り、1教科を取ることができました。

ーそれはすごいですね!

宗像先生:自分でもびっくりするくらい勉強しました(笑)。そうして板橋区に戻り、とある会計事務所に就職したのが税理のキャリアの最初です。その後、働きながら毎年試験を受け続け、恥ずかしながら税理士登録までに12年費やしました。

ーそれもすごいです。私も行政書士試験に合格するまで4年かかりました。道は違うとはいえ、どれだけ努力したのかはよくわかります。ですが、途中であきらめようかな、と思ったことはなかったですか。

宗像先生:見栄っ張りなんですよ(苦笑)。税理士というステータスに憧れていたのが原動力ですね(笑)。

ーそれもわかります(笑)。

宗像先生:税理士登録をしたうえで、お世話になっていた事務所の先生方と税理士法人を始めました。4年間、税理士としてたくさん学ばせていただき、その後現在の事務所を立ち上げて5年になります。先代、二代目先生には、とても感謝しています。

===
 
ー宗像先生が考える「自律型人材」とはどのようなものでしょう。
 
宗像先生:今、事務所には職員が6人いるのですが、彼・彼女らが成長できる環境にしたいと思っています。そう考えた時、まず最初は、質問と裏腹になってしまうのですが、誤解を恐れずに言うと「従順」という言葉が最初に来ると思います。何でも最初は「一度ルールに則る」事が肝心。教えた通りにきちんと動くことが大事です。そのうち仕事を覚えてくれば、自然と自分で考えて動けるようになります。
 
 
―守破離ですね。
 
宗像先生:ただ、誰でも自律型人材、特にリーダーになれるかといえばそうではない、とも思っています。資質も関係してくるのかもしれません。ですが、チームとして考えた時、全員が自律型人材である必要もないと思います。それぞれの役割を果たすことですね。
 
ーでは、自律型人材になる見込みがある人とはどのような人だと思いますか。
 
宗像先生:吸収しようと必死に食らいついてくる人です。そういう人には、最初に教えた後には、ある程度裁量を任せるようにしています。そうして育ってくれれば教える側も楽になりますからね(笑)。そして何より、やはり人間性が一番です。士業をやっているとたくさんの人を見る機会がありますが、誠実なことが一番ですね。
 
===
 
ー最後に、これから起業を考えている人にエールをお願いします。
 
宗像先生:誠実にやっていれば広がります。正直に、嘘をつかないこと。そして、リーダーの立ち位置にいるのであれば、部下をしっかりと評価し、その上で自律・自立を促してください。
 
===
 
インタビューの間、何度も出てきた「誠実」というキーワード。起業家として大事にしたい言葉だと思います。
 
宗像先生、どうもありがとうございました!また飲みに行きましょう(笑)。
 

応援クリック、励みになります!

にほんブログ村