Pocket

店長であるあなたが就任した当初は、溢れる情熱があなたを突き動かしていたと思います。
その情熱が今も燃え続けていればこそ、会社のために、という気持ちで今現在も頑張っていますよね。

ところであなたは、会社が人を雇う場合の責任者として、アルバイトやパートの面接をする機会があると思います。
ここで最初の面接が非常に大きな意味を持ちます。
ただ人手が足りないから誰でもいいから雇うのではなく、やる気のある人材を雇いたいのが会社としての偽らざる気持ちでしょう。
ですが、面接を受けようという人間は、会社に雇ってもらうために普段の自分よりも一回り大きい素敵な自分を見せようとすることがあります。
何故なら、当然ながら、あなたに気に入ってもらえなければ雇ってもらえないのですから。
下手をすると、心にもない調子の良いことを言う人もいるかもしれません。
一回面接をしただけでその相手のことがわかるはずもありません。
それはあなたも重々承知だと思います。
ですから、履歴書によく目を通したり、試用期間を設けたりしますよね。

良い人材を雇うことが面接の目的ですが、たいていの面接は相手のことを品定めするだけで終わってしまいがちです。
しかし、あなたにとっての
「一番良い人材」
とは一体どんな人でしょうか?
よく働いてくれる、不平を言わない、指示を迅速にこなす・・・
確かに実務的にはこのようなことが望まれますが、良く働いてもらうために一番大事なことは何でしょうか?
それは、

「あなたの仕事への「想い」を伝える」

ことです。
面接にあたり、あなたの揺ぎない情熱を伝え、その想いに応えてくれる人こそが、あなたにとっての「一番良い人材」
になるはずです。
面接であなたの想いに答えられない人は、逆に自分から断るでしょう。
店長であるあなたの想いを一緒に共有できる人材こそ、あなたの会社に必要です。
全ての面接希望者があなたの思いに応えられる訳ではありませんが、長期的な視点で考える面接は

きっとあなたの会社に良い人材をもたらしてくれるでしょう。

応援クリック、励みになります!

にほんブログ村