Pocket

上司同士の会話でたまに見受けられるのは、アルバイトのダメなところを互いに言い合っている場面です。
謙遜のつもりなのでしょうが、聞いていてあまり気持ちのよいものではありません。
言っている方は軽い世間話をしているつもりでも、その言葉には魂が宿ります。
アルバイトのダメなところを何度か言葉にすることにより、自分の意識に必要以上に刷り込まれてしまいます。

意識に刷り込まれたことは、また必要以上に言葉に現れます。

例えば、あるアルバイトが同じ失敗を繰り返せば、店長であるあなたは何度も注意しなければなりません。この注意は、(「従業員の叱り方」でも記したように)ただ頭ごなしに叱ったり怒鳴ったりするのではなく、同じ失敗を繰り返さないようにする訓練としなければいけません。
しかし、普段から従業員のダメなところ、いわゆる悪口を言っていると理性よりも感情が勝ってしまいやすくなります。
ただ感情に任せて叱られたアルバイトは、あなたに対して心を閉ざしてしまうでしょう。

極論ですが、失敗した従業員が嫌いなら、話し合いや就業規則にもとづき、解雇の道を探るのも一つの方法です。
でも、大抵は「辞めさせたいアルバイト」なんていないですよね。

人間は、感情の生き物です。
文句ばっかり言っていては互いの気持ちが離れていくだけです。
失敗は失敗として、きちんと注意し、指導していくことが重要です。

「アルバイトのダメなところ」をあげつらうのではなく、「アルバイトの良いところ」を見つけてあげる。
誰にでも長所はあるはずです。
アルバイトの長所を見つけ、それを伸ばす手伝いをするのは、店長であるあなたの努めです。
どんどん長所を伸ばしてもらい、従業員とともに成長していきましょう。

応援クリック、励みになります!

にほんブログ村