Pocket

誰だって失敗はつきものです。
当然ながらアルバイトの失敗も少なからずあります。
ここで大事なのは、同じ失敗を繰り返さないように指導することです。

この時、してはいけないのによくある話として、アルバイトの失敗の報告にまず怒鳴ったり嫌味を言ってしまう店長がいるということがあります。
これははっきり言って最低の行為だということを肝に命じて下さい。

失敗の報告にはまず冷静に耳を傾ける。そして対策を指示して対応させる。叱るのはそのあとです。

一番悪い叱り方は、大声で

「お前は馬鹿だから・・・」

「何年やっているんだ」

など、失敗とは直接関係のないことをあげつらってしまうことです。
部下にしてみれば、自分の人格を否定するような叱り方をするような店長に付いて行きたくはありません。

叱り方も、大声で怒鳴るのではなく、

「何故失敗をしたのか」

「今後失敗をしないようにするにはどうしたら良いか」

を考えさせるようにして下さい。

また、上手に叱るためには、前提として普段からの信頼関係がとても重要です。
良いことはほめ、悪いことは叱る。
ほめる、という行為が確立されていればこそ、叱るということがアルバイトに響きます。

叱り方が上手な店長なら、失敗したアルバイトは真摯に自分の失敗を反省して、その後の仕事に活かしていこうと努力してくれるはずです。
アルバイトはあなたの子供だということをいつも自覚していたいものですね。



応援クリック、励みになります!

にほんブログ村