Pocket

仕事中の色々な場面でしっかりコミュニケーションを取るのは大事なことです。

ですが、忙しい中、互いの意見を言い合うというのは難しいでしょう。
 
互いの意見を言い合う場として最適なのが、アルバイトと一緒に食事をする場ではないでしょうか。

アフター5にお酒を飲みに行く、というのは昔から上司と部下のコミュニケーションを図る上では重要な場でした。

お酒が気持ちを和ませ、普段言えないこともお酒の力を借りて言ってみる。

お酒は人間関係の潤滑油ですから、アルバイトと店長であるあなたの距離もグッと縮まるでしょう。

(お酒が飲めないのであればランチに誘うのも良いかもしれません)
 
ただ最近は、仕事とプライベートは別物という考え方の若い人も多いようです。

ですが、そこは普段の仕事の中で信頼関係を築いていれば大丈夫ですよね。

飲み(食事)に行くのは、今ある信頼関係を更に強化するものだと考えて下さい。
 
アルバイトと飲みに行く上でいくつかの注意点があります。

ひとつ目は、会計は必ずあなたが持って下さい。

アルバイトにお金を出させるのは持ってのほかです。
 
ふたつ目は尊大な態度をとらないで下さい。

普段はいかに立派な店長でも、お酒の席でアルバイトを見下したり文句を言ったりしてはいけませんよね。

そんなことをしたら、あなたへの信頼や尊敬が失われてしまいかねません。

飲みの席といえども、やはり仕事の延長線上にあることを肝に命じて下さい。

アルバイトは、金払いも含めて飲みの席でのあなたの器の大きさを見ています。
 
アルバイトがあなたを信頼してくれているのですから、飲みの席で更に信頼感が増すように努力して下さい。

そうすれば、仕事にフィードバックできるような素晴らしい意見をどんどんもたらしてくれるでしょう。

アルバイトの知恵を引き出すのは、あなたの役目です。

応援クリック、励みになります!

にほんブログ村