Pocket

アルバイトさんの中には、
「所詮自分はアルバイトだから、言われたことをこなせばいいや」
と、多少の投げやりな感情を持つ方がいます。
新人よりも、ベテランのアルバイトさんの方が、この傾向があるようです。
けして能力がないわけではなく、ただやりがいが持てず惰性で働く日々。
これは、店長さんにとって、非常にもったいない話です。
宝の持ち腐れとでもいいますか。

悪循環に陥ると、店長さんサイドでも、
「彼は適当にやらせとけばいいよ」
と、ベテランをほうっておいて必要最低限しか仕事をやらせなくなります。

こんな時、上手な店長さんはどうやっているでしょうか。

一つの事例として、あえて今までやらせていなかった仕事をやらせてみるという方法があります。
ベテランのアルバイトさんって、教えていないことも実はやらせてみるとできることが多いんです。

ベテラン、ということは、長く働いている・・・その職場が嫌いではないんですね。
嫌いだったら、ベテランになる前に辞めてしまいます。
その職場で役立ちたいけど、前に出るのが恥ずかしかったりして、あえて斜にかまえてしまう。
だけど、そんなベテランアルバイトさんは、店長さんのことをよ~く見ています。
「店長、あんなことやっている・・・俺だったらこうするな」

ややもすると店長さんに反発する感情が、投げやりな態度に繋がってしまうこともあります。

その感情を、上手く利用するのが、上手な店長さんです。

ベテランのアルバイトさんって、教えていないことも実はやらせてみるとできることが多いんです。

 ベテランアルバイトさんに、店長さんから相談してみる。
これ、意外と大事ですが、プライドが邪魔してできない店長さんが多いのではないのでしょうか。 
相談を受けたベテランアルバイトさんは、喜んで相談に乗ってくれると思います。
店長さん、是非、考えてみてください。